海外進出コラム
~グローバルYOU~

日々世界中を飛び歩き、各地のライフスタイル、ビジネススタイルを目の当たりにしているプルーヴ社員が、様々な地域・分野を横断的に見てきたからこそのユニークな視点で「現地の今」をお届けするコラムです。

マイクロソフト

GAFAM特集:Microsoft~創業からエンタープライズ向けITサービスの覇者になるまで~

目次1 はじめに2 マイクロソフトの創業期2.1 創業者2.2 創業のきっかけとなったAltair 8800とは3 マイクロソフトの主な歴史と主軸商品4 マイクロソフトのユーザー数・シェア数と売上4.1 全世界のユーザー […]

pairs韓国

巨大マーケット:婚活アプリ市場~海外の婚活アプリとの分析~

目次1 はじめに2 マッチングアプリに人が集まる理由2.1 オフラインの出会いの場がオンラインに移った2.2 スキマ時間でできる2.3 効率よく自分に合った人を探せる3 代表的な海外の婚活アプリ3.1 Tinder3.2 […]

在宅勤務

テレワークソリューションのまとめ、効果と課題、日本企業の取り組み状況・海外IT企業の取り組み状況の紹介

パンデミックの恐怖の中、新型コロナウイルス対策のため、テレワークを検討する企業が増えています。 2012年「アベノミクス」の成長戦略の中にテレワークも含まれており、ワーク・ライフ・バランスの改善や通勤の混雑・渋滞の緩和、 […]

DXイメージ

コロナショックによって進むDX(デジタルトランスフォーメーション)

目次1 コロナウイルス感染について1.1 コロナで進むDX2 身近で進むDXとその効果2.1 在宅勤務・テレワーク・オンライン授業・オンライン診察3 DXで仕事の効率アップ4 ネットインフラ整備の必要性4.1 5Gネット […]

GAFAM

コロナ米中対立と激化する貿易摩擦、GAFAM / GAFA vs BATH

数十万人の命を奪い、世界経済に大打撃を与えている新型コロナウイルス。当初トランプ大統領は中国との対立をせずに、新型コロナの封じ込めをしようとしていました。 しかし、米国におけるコロナウイルスが原因での死者は中国を超えまし […]

中国製造2025

岐路に立たされる「中国製造2025」

新型コロナウイルスにより中国の成長率は1992年以来初めて落ち込み、数十年かけて注力してきた「中国製造2025」の計画は岐路を迎えています。 中国製造2025は米国では戦略的な脅威として認識されているが、日本にとって中国 […]

WeChatのロゴ

中国のソーシャルメディアの比較・まとめ~WeChat(微信) vs QQ vs Weibo(微博)など~

中国のSNSは日系企業の中国進出におけるマーケティング戦略において、重要な役割を果たすツールになると言われています。何故なら、中国は口コミ大国であるからです。 しかし、中国では私たちが日常生活で使っているようなGoogl […]

行列

日本人故に起こしがちなビザトラブル―今更聞けない日本のビザ事情―

プルーヴでは、創業以来ビザのトラブルを経験しながら対策の仕組み化を行っていますが、今でもトラブルを起こしてしまうことがあります。 今回は、そんな海外出張でのビザトラブル経験をもとに、日本人のビザ意識とその対策についてご紹 […]

ニューヨーク

【2020年4月時点】米国コロナショックの現地情報

現在、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス(COVID-19)。プルーヴではこれまでに日本企業の海外進出支援を数多く行ってきましたが、このような状況下では海外ビジネスの見通しが立たず、お困りの方も多いと思います。 […]

消費を左右するサステナビリティ。海外展開時に求められる製造元や製造プロセスの可視化

海外を視察すると、品質が良いという理由で日本製品が評価されている場面に会い安堵することがあります。しかし最近では品質に加えて、「オーガニック」や「エコ」などのキーワードに代表されるサステナビリティなモノを求める消費者が増 […]

海外事業戦略
無料相談会を開催中!

各業界に実績のあるコンサルタントが以下のようなテーマにお応えする無料相談会(初回は無償)を毎週開催しています。

  • 海外事業に関する市場実態把握と進出国の選定およびコンサルティング
  • 各国の代理店リストアップとパートナー選定および現地商談
  • 特定複数か国での競合との差別化戦略、マーケティング戦略のコンサルティング
  • 流通実態(現地視察、家庭訪問)、小売店での価格調査 etc

是非、海外事業戦略策定にお悩みの方はお気軽にお申し込みください。

申し込む

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

弊社世界各地を飛び回っているコンサルタントと一緒に、まずは「考える」ところから進めてみませんか?
共に組み立てていきましょう。