海外進出コラム
~グローバルYOU~

日々世界中を飛び歩き、各地のライフスタイル、ビジネススタイルを目の当たりにしているプルーヴ社員が、様々な地域・分野を横断的に見てきたからこそのユニークな視点で「現地の今」をお届けするコラムです。

日本と海外の寝具市場の違いと各社メーカー動向。西川 vs Serta vs ニトリ

日本では高度成長期以降、ライフスタイルが大きく西洋化し、フローリングなど洋室の内装を施した住宅が多くなりました。 それに伴って、寝具の需要の主流も布団からベッドへと変わっていきました。   経済産業省の「工業統 […]

SNS

海外事業を推進する際に重要な海外SNSマーケティング。Facebook、Instagram、Twitter、LINE、TikTok、LinkedInの特徴と動向を紹介

私達のコミニケーションツールとして欠かせないSNSの全世界におけるユーザー数は38億人を突破しています。国内のユーザーは7,975万人を超え、2022年末までには8,241万人へ増加すると言われています。 ここでは、 日 […]

クラブハウス

クラブハウスとは。急激に流行した新感覚SNSの魅力とサービス戦略の分析。日本と海外動向も併せて紹介

コロナ禍でリモートワークが浸透し、緊急事態宣言下で移動や外出の自粛される中、「雑談」の機会が激減したと嘆く人も多いと言われています。2020年4月にアメリカで始まり、2021年2月に日本に上陸した音声のSNS「Clubh […]

京都から生まれた世界企業。各社の特徴と世界企業が生まれた背景・競争力の源泉その②(GSユアサ、オムロン、村田製作所、日本電産、ローム、FintechITベンチャー)

古都や文化遺産の街である京都には独自技術で世界市場を切り開いてきたハイテク企業が多く存在します。 前回の記事では、島津製作所、堀場製作所、京セラ、任天堂を取り上げましたが、後半のこの記事では、GSユアサ、オムロン、村田製 […]

procter-and-gamble

ヘアシャンプー市場。海外の動向から各社の戦略まで。P&G(米)、ユニリーバ(米)、ロレアル(仏)、ミルボン(日)、アンファー(日)

世界のヘアケア市場は、健康的な髪への需要の高まりで堅調に拡大しています。米リサーチ会社 Transparency Market Researchによると、同市場は2016年から2024年までの期間中に3%の 年平均成長率 […]

中西

2021年各社の新卒採用動向。注目の集まるジョブ型欧米スタイル採用をわかりやすく解説。日系各社とGAFAの採用戦略も併せて紹介。

2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、日本だけでなく世界規模でリモートワークの導入が余儀なくされています。その中でも、職務内容が明確なジョブ型雇用が中心の外資系企業や、ジョブ型雇用を導入する企業では、スムー […]

吉野氏

リチウムイオン電池の業界構造(車載用・民生用)とメーカー各社(中・韓・日)の動向をわかりやすく解説

2019年にノーベル化学賞受賞が決まった「リチウムイオン電池」は1985年に吉野彰氏らによって開発され、1991年に旭化成とソニーで商品化されました。 その後ノートパソコンや携帯電話に次々と搭載されていき、今や私たちの生 […]

コロナ禍で働き方とともに大きく変化したコーヒー・紅茶・デカフェの市場。世界のメーカー各社のシェア率から市場規模まで

国内家庭用コーヒー市場は、2020年の春以降は新型コロナウイルス感染拡大により、人との接触を避ける新たな日常の影響でカフェなどの業務用市場は影響を受けています。このような新しい環境の中、家庭内需要が拡大しています。 特に […]

海外展開を考えるうえで重要なPoCとは。やり方から予算、海外事例まで

多くのDX(デジタルトランスフォーメーション)の場面においては、古い技術ではなくAIなどの新しい技術を利用します。 その際、「データが想定通りに集まらない」「思ったように精度が出ない」などのリスクが発生しがちです。 この […]

京都2

京都から生まれた世界企業。各社の特徴と世界企業が生まれた背景・競争力の源泉その①(島津製作所、堀場製作所、京セラ、任天堂)

独自技術で世界市場を切り開いたハイテク企業が多く存在する京都。例えば島津源蔵氏が1875年に創業した島津製作所や、堀場雅夫氏の創業した堀場製作所、稲盛和夫氏の京セラなどが代表的な企業です。 財団法人京都高度技術研究所の白 […]

                   

公式LINEアカウントにて
お問合せ対応・海外マーケット情報
発信中

友だち追加                

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

弊社世界各地を飛び回っているコンサルタントと一緒に、まずは「考える」ところから進めてみませんか?
共に組み立てていきましょう。