世界国別資料館
東アジア

  • 中国(中華人民共和国)

    世界最大の人口であり、約3万社の日系企業が進出している中国。

    上海自由貿易特区の改革開放をはじめとして規制緩和が進んでいるが、2010年を最後に実質成長率は2桁を割り続けデフレの兆しが見え始めました。労働人口も減少の傾向があり、加えて若年層はキャリア志向で個人主義傾向が強く仕事を選ぶ傾向があります。

    かつての安価の労働力確保のための中国進出は難しく、今後は企業の人材獲得、コスト管理が課題となります。

  • 香港

    ニューヨークやロンドンと並び世界三大金融センターとも評価され、世界でも確固たる地位を確立している香港経済。

    中国などの外部経済に大きく依存しており、特に貿易関連ではアメリカのトランプ政権の動きを注視することが必要となってくる市場です。

  • 韓国

    近くても遠い国といえば韓国。

    「反日」感情が強いと言われがちな国だが、韓国人にとって日本は最も好まれる旅行先で相反する一面もあります。

    韓国の産業の多くは日本企業と密接な関係であり、B2CとB2B業界の全般に渡る日本メーカーの影響力は大きい。

    新旧世代間および社会階層間の対立、政治環境の不安など、様々な社会問題を抱えて変化が起きている韓国が今後どのような方向に行くか、そして両国のビジネス環境にどのような影響があるかは注視するべきです。

  • 台湾

    親日の国として知られる台湾。

    カラオケ、ポップカルチャー、ファッション、テレビ番組など、日本の文化が広く親しまれており、日本の商品への信頼も厚い。最近では健康意識の高まりから、日本食や日本の健康食品にも注目が集まっており、訪日旅行者のインバウンドでの消費も活発となっています。

海外事業戦略相談会を開催中!

各業界に実績のあるコンサルタントが以下のようなテーマにお応えする個別相談会を毎週開催しています。

  • 海外事業に関する市場実態把握と進出国の選定およびコンサルティング
  • 各国の代理店リストアップとパートナー選定および現地商談
  • 特定複数ヵ国での競合との差別化戦略、マーケティング戦略のコンサルティング
  • 流通実態(現地視察、家庭訪問)、小売店での価格調査 etc

是非、海外事業戦略策定にお悩みの方はお気軽にお申込みください。

日程 毎週火曜(業界:化粧品、日用品、医薬・食料品など)
毎週水曜(業界:サービス業、外食関連、IT、物流など)
毎週木曜(業界:エレクトロニクス、産業機械、プラント、住宅関連など )
時間 ①13:00~、②15:00〜、③17:00~
開催場所 プルーヴ社7F MTGスペース
住所 東京都港区新橋5-23-7 三栄ビル7F

海外事業戦略相談会の申込みフォームへ

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

弊社世界各地を飛び回っているコンサルタントと一緒に、まずは「考える」ところから進めてみませんか?共に組み立てていきましょう。