サポート事例インドネシア

BtoBサポート実績

  • IT事業進出コンサルティング(シンガポール、インドネシア、ベトナム)
  • ワクチン販売に向けた事業可能性検証プロジェクト(タイ、インドネシア、ベトナム)
  • 東南アジアにおける仮設トイレ事業展開プロジェクト(シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、ベトナム)
  • 精製プラント市場における事業可能性プロジェクト(中国、タイ、インドネシア、ベトナム)
  • 無線市場実態把握調査(台湾、マレーシア、タイ、インドネシア、ベトナム、フィリピン)
  • ビルトインキッチン家電実態把握調査(シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア)
  • 冷凍食品・プレミックス市場実態把握調査(インドネシア)
  • 自動車損害保険に関連する市場実態把握調査(インドネシア、タイ)
  • 容器メーカーのアジア進出に向けたフィジビリティスタディ(インドネシア、タイ、ベトナム、マレーシア、フィリピン)
  • 指定国における受発注システムサービス実態把握(タイ、シンガポール、マレーシア、ベトナム、インドネシア)
  • 韓国系不動産開発企業実態調査(インドネシア)
  • 業種別通信トラフィック量調査(タイ、ベトナム、インドネシア)
  • 指定通信機器メーカー事業実態調査(タイ・インドネシア)
  • 自動車部品のOEM候補先企業選定プロジェクト(インドネシア)
  • 大型回転機委託先候補調査(インドネシア、ベトナム)
  • 日系企業の新規工場設立情報収集(インドネシア)
  • 工場用機材販売代理店開拓調査(中国・ベトナム・インドネシア・タイ)

BtoCサポート実績

  • 文房具事業販路拡大に向けたプロジェクト(インドネシア、フィリピン)
  • カーオーディオに関する3都市ユーザー調査(インドネシア)
  • 家電品に関する家庭訪問調査(タイ・マレーシア・インドネシア)
  • 日系日用品メーカー事業実態把握調査(インドネシア)
  • 3都市カー用品キャッチアップ調査(インドネシア)
  • 指定アパレルショップ店舗運営実態調査(インドネシア・タイ)
  • 商業施設における来店客ファッション意識調査(タイ、インドネシア)
  • レトルト食品事業展開に向けた現地利用実態(タイ、インドネシア、ベトナム)
  • 乳製品競合メーカー3社調査(ベトナム、インドネシア)
  • 住宅インテリア競合3社戦略実態把握調査(インドネシア)
  • テレビ競合CS実態調査(マレーシア、インドネシア、タイ)
  • カー用品代理店開拓サポート(タイ、フィリピン、インドネシア)
  • 道路インフラ実態把握調査(インド、ベトナム、インドネシア、マレーシア)

現地力で集めたインドネシア情報

インドネシアの資料館ページでは、現地パートナーと共にこれまで調査した情報と現地企業・現地の消費者から直接聞いた内容を国別にまとめています。現地ではどのようなことが起きているのか?サポート実績と合わせてリサーチにお役立てください。

東南アジアにおける家電製品の売上を左右するセールスプロモーターの存在

東南アジアにあるタイ・ベトナム・マレーシア・インドネシアの4ヵ国を訪問し、家電量販店を視察しました。

各国の家電量販店には、それぞれのメーカーから派遣されている販売員「セールスプロモーター」の方々が配置されており、彼らの説明次第で製品の売れ行きが大きく変わる現場を目の当たりにしました。

今回は、そんな「セールスプロモーター」について、いくつかの実例を交えてお伝え致します。

詳細はこちら

スポーツ視点で捉えるタイとインドネシア市場の違い

タイとインドネシア。ともに東南アジアに位置する2つの国ですが、経済状況や国土の地形などが異なることから、企業進出時にはチェックすべきポイントも異なります。
今回は、スポーツの中でもサッカーを例に、タイとインドネシア市場の違いを見ていきましょう。今年は、タイと日本との国交が開始されてから、130周年という節目の年でもあります。
今回は、タイのスマートシティ化の事例についてご紹介いたします。

詳細はこちら

東南アジア住宅市場の実情とインドネシアへの事業進出ポイント

1万以上の島から成る国、インドネシア。現在の人口は約2億6000万人と世界第4位です。そして、今後も人口が増加していくと予測されています。
 
そのことから、今後、住宅戸数も増加していくことが予測されます。
今回は、東南アジアにおける住宅市場の実情と、インドネシアに企業進出する際のポイントについてお伝えいたします。

詳細はこちら

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

弊社世界各地を飛び回っているコンサルタントと一緒に、まずは「考える」ところから進めてみませんか?
共に組み立てていきましょう。