海外事業進出の進め方
抑えておくべきポイント

Point1.合意形成の取り方を理解する

日本企業は、海外事業を行う際に社内の「和の合意形成」で意思決定を行う傾向があります。
さらに意思決定者と事業推進者が異なるケースが存在することもあり、関係者がそれぞれが納得するための情報が必要となり、事業構想作りに時間を要してしまいがちです。
一方、競争相手となりうる海外企業は、トップおよびマネージャーの責任(TOPダウン)で意思決定を行っています。また意思決定のできる人物が責任を持って事業を推進しているため、スピーディーに海外事業展開を実現しています。

海外事業を進める上で、スピードは大きなポイントであり、また遅れを取り戻すのは往々にして困難です。まずは自社の合意形成の取り方をしっかりと理解し、その上で準備をする必要があります。

日本企業 和の合意形成 海外企業 トップダウン

Point2.合意形成を満たす事業構想づくりに必要な情報を知る

事業構想は、一般的に「市場構造」×「流通構造」情報から導かれます。
自社の合意形成を満たすだけの情報を集めつつも、ここでもスピードを意識し、構想作りに時間をかけすぎないことがポイントとなります。

事業構造

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

弊社世界各地を飛び回っているコンサルタントと一緒に、まずは「考える」ところから進めてみませんか?
共に組み立てていきましょう。