会社概要・アクセスマップ

会社概要

企業名 プルーヴ株式会社
代表者 森 英朗
設立 2007年3月1日
事業内容 日系企業の海外進出支援
資本金 10,000,000円
従業員数 30名
所在地 [本社]
〒105-0004 東京都港区新橋5-23-7 三栄ビル2F(受付9F)
TEL:03-6435-6963 FAX:03-6435-9044
[大阪オフィス]
〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町2-5-16 淡路町ビル2F
TEL:06-6224-0719 FAX:06-6224-0738
[盛岡オフィス]
〒020-0021 岩手県盛岡市中央通1-9-11 CUBE映画館通りビル3F-B
TEL:019-613-5881 FAX:019-613-5882
海外提携・パートナー拠点
  • 東アジア(日本、中国、香港、台湾、韓国)
  • 東南アジア(シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、ベトナム、フィリピン、ミャンマー、カンボジア、ラオス)
  • オセアニア(オーストラリア、ニュージーランド)
  • 南アジア(インド、スリランカ、ネパール、パキスタン、バングラデシュ)
  • 中東(サウジアラビア、UAE、トルコ)
  • ロシア
  • 北米(アメリカ、カナダ)
  • 中南米(メキシコ、ブラジル、コロンビア、ベネズエラ、ペルー、チリ、アルゼンチン)
  • 欧州(イギリス、スペイン、フランス、ドイツ、オランダ、ベルギー)
主要取引先
  • 大手電機メーカー(日立、東光高岳…)
  • 大手精密機器メーカー(コニカミノルタ、ニコン…)
  • 大手化粧品メーカー(コーセー、資生堂…)
  • 大手文具・日用品メーカー(花王、キングジム…)
  • 大手輸送機器メーカー(IHI、KYB…)
  • 大手食料品メーカー(雪印メグミルク…)
  • 大手飲料メーカー(サントリー、キーコーヒー…)
  • 大手コンサル、シンクタンク企業(日立総研…)
  • 政府系機関(国土交通省…) など多数

アクセスマップ(本社)


〒105-0004 東京都港区新橋5-23-7 三栄ビル2F(受付9F)
TEL:03-6435-6963 FAX:03-6435-9044

交通
各線「新橋駅」より徒歩8分
都営三田線御成門駅A4番出口上がって内幸町方面へ徒歩3分

横浜ゴム様の隣,1階が歯医者さんの三栄ビル7階

アクセスマップ(大阪オフィス)


〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町2-5-16 淡路町ビル2F
TEL:06-6224-0719 FAX:06-6224-0738

交通
御堂筋線/京阪本線「淀屋橋駅」より徒歩6分
堺筋線/京阪本線「北浜駅」より徒歩6分

アクセスマップ(盛岡オフィス)


〒020-0021 岩手県盛岡市中央通り1-9-11 CUBE映画館通り3F-F
TEL:019-613-5881 FAX:019-613-5882

関連会社

sellwell

セルウェル株式会社

セルウェルは、2007年から世界市場への挑戦をサポートしているプルーヴ株式会社で培ったグローバルなマーケティング手法・経験を国内向けにセルウェルメソッドとして再構築し、提供しているマーケティング・エージェンシーです。
企業が成長・拡大するためには、「よく売れる」ことが源泉であり、その企業が社会に存在する価値となります。
複雑で未知な世の中であっても企業の売るチカラを高め、あらゆるレベルのマーケティング課題・ご要望にお応えし、事業の成長・拡大を支援します。

>Website

raain

raain株式会社

バックオフィスから可能性を育む
raainが挑戦するのは、「事務」として影から支えるだけではなく、組織の中で眠っている可能性を見つけ出し、その可能性を自分のものとできるようにraainが育むこと。
「可能性」が、組織の資産となり、raainの資産となります。
そうして、互いに成長しあえる関係となることで、間接的に利益を創造していくことを目指します。

>Website

海外事業戦略
無料相談会を開催中!

各業界に実績のあるコンサルタントが以下のようなテーマにお応えする無料相談会(初回は無償)を毎週開催しています。

  • 海外事業に関する市場実態把握と進出国の選定およびコンサルティング
  • 各国の代理店リストアップとパートナー選定および現地商談
  • 特定複数か国での競合との差別化戦略、マーケティング戦略のコンサルティング
  • 流通実態(現地視察、家庭訪問)、小売店での価格調査 etc

是非、海外事業戦略策定にお悩みの方はお気軽にお申し込みください。

申し込む

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

弊社世界各地を飛び回っているコンサルタントと一緒に、まずは「考える」ところから進めてみませんか?
共に組み立てていきましょう。