マーケティング戦略策定

海外事業において、このようなお困りごとはありませんか?

競合に悩む人2
海外事業担当者

様々な施策を行っているがなかなか売上が拡大しない

取引が継続せず、新規開拓と新規顧客の割合が多く取引が安定しない

市場や社会情勢の変化に迅速に対応できず、売上が維持または減ってしまっている

プルーヴがそのお悩み解決します!

PROVE

プルーヴがマーケティング戦略策定を行います。
「市場(顧客)にどうアプローチするか」を相手のニーズや自社の状況をもとに検討し策定するプランのことです。
具体的には自社の商品やサービスについて「誰に対して」「どのような価値を」「どのくらいの対価で」「どのように」提供するかを決定することを言います。

マーケティング戦略策定でプルーヴが出来ること


環境分析

社内の状況に関する「内部環境」と、自社を取り巻く「外部環境」の項目別について分析を行うことで、マーケティング戦略の策定に向けて情報を整理し、マーケティング戦略策定へ向けた基礎情報の整理、分析を行います。

ターゲット・ペルソナの明確化

市場にいる顧客層のなかから「ターゲット」=自社の商品サービスを訴求する顧客層を決めていきます。職業・居住地域・家族構成・趣味嗜好などを考慮した「ペルソナ」を設計すると、より精度を高めていくことができます。

ポジショニングの検討

市場全体における自社の立ち位置、目指すべき姿を探ります。これを「ポジショニング」といいます。中長期にわたって自社の商品・サービスの価値を提供するには、顧客セグメントや競合ブランドの競争力を加味した、多角的な視点を基に、独自のポジショニングを築いていくことが必要です。

提供すべき価値の検討

ポジショニングとターゲットの決定後、ターゲットにどのような価値=ベネフィットを提供できるかを検討して「バリュープロポジション」=「自社で提供可能な価値」かつ「顧客が求める価値」のうち、「競合他社が提供していない価値」を検討します。これは顧客にとって競合他社の商品・サービスでは得られない「唯一無二の価値」でもあります。

施策の立案・実行

前項までもとに、「ターゲット・ベネフィット・提供方法」を最終決定します。特にベネフィットの提供については顧客の視点を忘れないようにすることが大切です。実行フェーズに入ってからも評価・改善を繰り返し、より良いものへとブラッシュアップしていきます。

マーケティング戦略策定支援の流れ

海外事業の課題整理

海外事業の現況をお伺いし、貴社の事業をとりまく外部環境と、社内の状況について現状を把握します。

ターゲットの明確化

様々なフレームワークを活用し市場にいる顧客層のうちどの層を対象にするかを明確にします。必要に応じてペルソナを設計することもご提案します。

競合分析とポジショニング

自社や競合他社の現状のポジションを把握したうえで、どのように差別化すれば優位なポジションを築けるのかを検討します。

顧客のベネフィットを検討する

顧客が自社製品を利用する価値を明確にするため、ディスカッションなどを通じて検討します。

貴社事業の戦略の決定

課題解決の手法を現地事業へ落とし込み、ビジネスモデルの構築・改善を行います。

  • 必要期間:3~6ヶ月程度

マーケティング戦略策定プロジェクト実績

BtoB

  • FA用センサ事業のポジショニング分析援
  • 藻類原体の販売へ向けたマーケティング戦略の策定支店

など

BtoC

  • 家庭用浄水器の新事業モデルに関するマーケティング戦略およびコンサルティング
  • 南アジアにおける洗濯機事業のマーケティング戦略
  • 男性用シェーバーにおける競合企業のマーケティング戦略調査
  • 美容機器メーカーの中国におけるマーケティング戦略

など

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

弊社世界各地を飛び回っているコンサルタントと一緒に、まずは「考える」ところから進めてみませんか?
共に組み立てていきましょう。

お電話は03-6435-6963