サポート事例

日本と中国におけるEC市場とスマート物流の発展について

  • 業界: IT・メディア小売り・卸
  • 地域: 東アジア
  • 国: 中国

課題

日本がスマート決済、オムニチャネル市場において進化が遅い中で、先行する中国市場の動向を把握し、市場構造上のどこに差異があり、今後はどのような発展が進んでいくのかを把握する必要がありました。
また分析視点として流通、小売、物流、技術、金融、決済サービスなどを多角的に捉えた分析を望んでおり、これまでの断片的な情報から脱却したいと考えていました。
さらに中国だけでなく、韓国、日本の3ヵ国を同時に捉えた分析を希望していました。

支援内容

日本と中国を中心に取材活動を行い、韓国についてはデスクリサーチおよび有識者へのテレビ会議取材などによって情報を収集しました。メディアに出ている情報と現場取材での情報に乖離が大きいことがあり、それらを重層的に分析して、実態から将来性を予測することが難しいテーマでした。
取材先
  • ・物流企業
  • ・大手流通企業
  • ・金融決済サービス事業者
  • ・スマート技術関連メーカー
  • ・商社
  • ・消費者

結果

市場構造上に日本でのスマート市場の発展はやはり遅れていくとの結果となったため、先進市場を定点的に観測することによって、日本市場の予測を行い、クライントの持つ商材を提案していくことが今後の取り組みであると判断しました。
日本においては、市場プレイヤーが乱立することによる利害関係の調整が成長のブレーキとなっています。

提供サービスへ

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

弊社世界各地を飛び回っているコンサルタントと一緒に、まずは「考える」ところから進めてみませんか?
共に組み立てていきましょう。