サポート事例

中国自動車産業の業界構造変化の把握と日系自動車サプライヤの対応検討

  • 業界: サービス自動車・機械
  • 地域: 東アジア
  • 国: 中国

課題

従来型の自動車産業の階層構造は、自動車メーカー(OEM)を頂点としたピラミッド構造となっており、OEMの意思決定を起点としてメーカーに直接納入する一次サプライヤーは活動してきました。
一方、近年自動車システムの高度化やIoTの文脈から起こる情報伝達の在り方の変化により、業界内でのパワーバランスが変化しています。特に新興OEMメーカーの動きが激しいのが中国です。
自動車市場において、日系自動車関連企業がどう対応すべきか検討しました。

支援内容

自動車メーカーや自動車部品サプライヤーと近年の業界変化についてディスカッションを実施しました。
また、今後自動運転技術やスマート社会の発達に従い、意思決定がどう変化していくか、どう考えているかについて関連企業から情報を収集しました。
取材先
  • ・自動車メーカー
  • ・新興EVメーカー
  • ・自動車部品サプライヤー
  • ・部品商社
  • ・ローカルIT企業
  • ・関連業界団体

結果

まず現状すでに起こっている業界構造変化をとらえ、特にスピードという点で従来型自動車開発から考え方を刷新していかなければいけない事を認識しました。さらに今後の情報化社会の中で自動車開発がどう変化していくかについて、現状の情報において確からしい
仮設構築を実施し、これらの情報をもとに、クライアント企業が短・中・長期でどうアクションしていくべきかの示唆出しを行うことができました。

提供サービスへ

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

弊社世界各地を飛び回っているコンサルタントと一緒に、まずは「考える」ところから進めてみませんか?
共に組み立てていきましょう。