サポート事例

自社が所有するビッグデータを活用する為のITスタートアップ企業連携候補先選定

  • 業界: IT・メディア
  • 地域: 北米
  • 国: アメリカ

課題

AIによる解析技術が高度化してきており、製品スペックによるハードの差別化から、データ・情報を活用したソフトでの差別化が競争優位の源泉になりつつあります。
クライアント企業は自社バリューチェーン内に各種のデータを保有しつつも、それを適切に解析し、ビジネスに活かすためのノウハウを保有していませんでした。そこで、外部のIT企業の知見を活用する事を視野に入れ、その提携候補先を探索しました。

支援内容

クライアント企業が保有する設計、製造、販売、アフターサービスの情報を洗い出し、ビジネス活用への仮説設計を実施しました。その内容をベースに、取材先企業とディスカッションを行い、提携の可能性を検討しました。
取材先
  • ・IT系スタートアップ企業
  • ・ベンチャーキャピタル
  • ・インキュベーターオフィス
  • ・大学教員

結果

機械学習、特に深層学習(ディープラーニング)の領域は、机上の理論だけでは詰め切れないことも多く、提携先候補と連携しモデルを作りながら検証が必要である事を再認識し、提携のステップが明確にできました。また、世界で最も進んでいると言われるエリアのアイディアに触れる事で、社内の議論にも深みを増すことができました。

提供サービスへ

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

弊社世界各地を飛び回っているコンサルタントと一緒に、まずは「考える」ところから進めてみませんか?
共に組み立てていきましょう。