サポート事例

M&A候補および提携候補企業の開拓サポート

M&A候補および提携候補企業の開拓サポート

  • 業界: 化学系材料
  • 地域: ヨーロッパ北米
北米と欧州での取り扱い製品の拡充および販路獲得を目的として、提携パートナーの洗い出しや事業評価、優先順位付けを行い、提携先との事業提携、資本参入を決定しました。

課題

①提携候補企業を網羅的に把握する手段が不足
銀行や証券会社から提携候補企業を紹介される機会があるものの、紹介された企業だけを提携候補先として検討するのでは不十分でした。

②提携候補企業の事業評価をするにも情報が欠如
提携候補企業の財務情報は一部存在するものの、実際に現地で展開している製品やサービス内容、業界内での存在感や評判といった事業実態の情報が不足していたため、提携候補企業の事業評価ができませんでした。

③提携候補の優先順位をつけるための判断基準が不明
複数の提携候補企業がリストアップされた後、各企業の評価を行い、優先順位付けをするための基準がありませんでした。

④提携を行うためのスケジューリングの徹底と着実なプロジェクト推進
部署間を超えての打ち合わせではスケジュールが後ろ倒しになる文化があり、それを改善する必要があると全社で認識していたものの、改善はされていませんでした。

支援内容

【提携候補企業の開拓に向けた取り組み内容】
①提携候補となり得る企業をリストアップしました。
②提携候補先企業の事業概要をデスクリサーチしました。
③デスクリサーチの結果をもとに、深堀調査を行う企業を抽出しました。
④提携候補先の企業へ訪問し、事業実態をヒアリングしました。
⑤深堀企業のサプライヤーや競合企業について、周辺企業にヒアリングを行いました。
⑥現地調査をもとに、提携候補先企業に優先順位を付けました。
⑦提携候補先企業へ具体的なアプローチ・アクション案を提案しました。

結果

①対象エリア内で提携候補となり得る企業を網羅的に把握することができました。
②提携候補企業に対して多言語デスクリサーチと現地での関係者ヒアリング調査を実施したので、事業実態を把握することができ、提携の優先順位付けができました。
③提携候補先の各企業に対して最適なアプローチ方法と交渉条件を、経営企画部のメンバーとプルーヴのメンバーでディスカッションして考えることができました。
④提携候補先と事業提携、資本参入を実行できました。

提供サービスへ

2020年代の海外市場攻略
~これからは海外企業を
“買う”時代~

設備や営業チャネルから人材まで一括で手に入るM&Aは、海外市場を攻略する上で手っ取り早い方法です。そもそも海外では、販社作ったり、人を数人採用するレベルでM&Aが行われているのが日常です。韓国・中国企業はM&Aを駆使した展開をすでに始めており、いままでの進め方ではスピードが遅すぎるのが実情です。

> M&Aサービスへ

海外事業戦略
無料相談会を開催中!

各業界に実績のあるコンサルタントが以下のようなテーマにお応えする無料相談会(初回は無償)を毎週開催しています。

  • 海外事業に関する市場実態把握と進出国の選定およびコンサルティング
  • 各国の代理店リストアップとパートナー選定および現地商談
  • 特定複数か国での競合との差別化戦略、マーケティング戦略のコンサルティング
  • 流通実態(現地視察、家庭訪問)、小売店での価格調査 etc

是非、海外事業戦略策定にお悩みの方はお気軽にお申し込みください。

申し込む

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

弊社世界各地を飛び回っているコンサルタントと一緒に、まずは「考える」ところから進めてみませんか?
共に組み立てていきましょう。