セミナー情報

【21/1/21開催】アジアの文化から紐解く、ウィズコロナにおける海外事業展開の3つのキーファクター

 

※2020/11/19に開催したセミナーが好評でしたので、定期開催させて頂く運びとなりました。
​​前回分の下記URLとは同内容になりますので、以前ご出席された方はお気を付けください。
https://peatix.com/event/1687124/view

 

ウィズコロナの最中、海外や国内現地への出張が難しい背景から、
情報収集や戦略設計にお悩みを感じていらっしゃる方へ、ぜひご受講頂きたいウェビナーです。

​弊社、プルーヴ株式会社は日系企業様の海外事業展開を年間200件ほど支援させて頂いている企業でございます。
COVID-19の影響を踏まえて、海外における事業展開を見直されている企業様も多いのではと思います。

そのような情勢の中、現地情報をどのように抑えて事業戦略の構築・見直しに繋げていくべきか、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

​今回のウェビナーではアジアの文化を一例として、海外事業を成功させるために2部に分けてお伝えさせていただきます。

【開催日時】

2021年1月21日(木) 15:00 〜 16:30

【開催形式】

Zoomウェビナー形式による無料セミナー

​【参加費】

無料​

【対象者】

  • 海外展開を検討されるうえでアジアの文化を把握しておきたい方
  • 企画部門/海外部門/マーケティング部門で戦略構築を行う方
  • 直近の海外ビジネストレンド、海外マーケットに関心がある方
  • 直近で海外事業部・営業部に配属された方

【アジェンダ】

第一部:海外における取得すべきマクロ情報内容と収集方法

海外進出を考える際には、まず現地のマクロ情報を収集する必要があります。
年間200件近くのプロジェクト実績をもつPROVEだからこそお伝えできる情報収集の手法と内容をお伝えいたします。

第二部:事業開始にむけた具体的アクション

文化・経済・市場をはじめとしたマクロ情報を把握した後、次は何を考えるべきか?
どのようなアクションに取り組むべきか?
第二部では海外展開に向けたアクションの為に必要な取り組み(業界構造の把握/マーケティングミックス/商流確保など)についてお伝えいたします。

第三部:質疑応答

日常業務における個別相談(※後日対応)

※その場でご質問されにくい個別の内容に関しては、個別での相談会にて後日、お話を伺わせていただきます。

【登壇者プロフィール】

・小野 由太郎(マネージャー)

ベンチャーコンサルティング企業にて、中小企業経営者に向けた経営戦略立案・計画・実践サポートを行う。出向先である飲食店グループ(2店舗)では共に赤字から黒字経営への転換に貢献。

プルーヴ入社後は、クライアントの事業拡大・新規市場開拓サポートを行う。また、社内新規開拓案件数No.1の営業力と10年間のコンサルティングキャリアから、社内外向けの営業・コンサル力強化トレーニングも実施している。

 

・永田 篤史(コンサルタント)

マーケティング系上場企業にて、国内外の販路開拓や部下5名のマネジメントに従事。プルーヴ入社後は、幅広い業界の大手クライアントに対して、中華圏や東南アジアへの事業展開サポートを中心に担当。

2019年には中国、タイ、フィリピンなどアジア各国へ計5回出張し、ベトナムやマレーシア在住経験も含めてアジアの商習慣や文化、歴史に精通している。

 

【監修者プロフィール】

・大家 崇里(ビジネスコンサルティング部門シニアマネージャー)

日系最大手の流通企業でマーケティングと消費者心理を学び、世界の流通を実感する為に世界一周の旅を実施。帰国後に大手企業を中心に海外調査、コンサルティング案件を40か国以上の国へ自ら出向いて実施。

リアリティの高い現地調査情報とマーケティング、および戦略・組織分析を軸にした独自のコンサルティング手法を用いて大手企業の海外事業拡大をサポート。現在も年間の1/3以上は海外を訪問し、ヒヤリング調査を行い、最新の情報を用いて顧客の課題改善に取り組んでいる。

 

申し込み

 

【注意事項】

  • ご参加時に個人アドレス(Gmail等)ではなく、企業ドメインが含まれているメールアドレスにてご登録ください。
  • 同業他社など、ご所属先によっては参加をお断りさせて頂く場合もございます。
                   

公式LINEアカウントにて
お問合せ対応・海外マーケット情報
発信中

友だち追加                

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

弊社世界各地を飛び回っているコンサルタントと一緒に、まずは「考える」ところから進めてみませんか?
共に組み立てていきましょう。