競争優位性の分析

海外事業において、このようなお困りごとはありませんか?

競合に悩む人2
海外事業担当者

市場でのシェアを伸ばすために競合に模倣されにくい自社の強みを把握したい

優位な市場ポジションを獲得することで、過度な競争を避け、売上を伸ばしたい

市場の中で自社製品・サービスがなぜ受け入れられないのか。「品質が良いが売れない」などの状況を打破したい

プルーヴがそのお悩み解決します!

PROVE

競争優位性とは、ビジネスにおいて他社と比べて自社がより有利なポジションを得ることです。そのためには、競合他社が模倣できない独自性を出したり、競合他社には実現できない事業を行うことが必要です。反対に競争優位性が低い企業は他社との差別化も顧客の獲得もできず、売上が落ち込むリスクが伴います。

自社が競争優位を築くことで、他社との過度な競争を回避し、高い利益率を維持したり、より大きなシェアを獲得することが出来るようになります。

アメリカの経営学者コトラーは「競争優位」について、「今日では、ほとんどの優位性がその意義を失っており、持続可能なものは極稀まれである」と述べており、競争優位性を長年の間保つことは容易ではないことがわかります。競争優位性を勝ち獲り、持続していくためには、時代や環境、社会の変化に柔軟に対応していく必要があります。

競争優位性の分析でプルーヴが出来ること

競合企業の事業実態把握

競合企業の事業実態を分析をすることで、自社が市場の中でどのポジションを狙うのが有利になるかを把握し、過当競争を避けることが出来ます。

生産・供給優位性の獲得

既存のサプライチェーンを見直すことで、価格、納期、品質面での優位に立ち、市場シェアの拡大を目指すことが可能になります。

自社の経営資源・他社協業スキームを構築することによる競合差別化

製品サービス、ブランド、流通・販売などといった経営資源を自社/他社での実現可能性と手法を検討し、競合他社との違いを作り出すことで、市場シェアを獲得することが可能になります。

特化型戦略の構築

特定の顧客層、地域、流通チャネルなどに集中して事業展開することで、競合他社よりも効果的・効率的な価値提供の仕組みを創り上げ、その領域で競争優位を獲得ですることが可能になります。

競争優位性の分析支援の流れ

海外事業の課題整理

海外事業の現状についてお話をお伺いし、海外での競争優位性の確立に向けた課題を把握いたします。

ベンチマーク企業の策定

同じ市場にいる競合他社でベンチマークする企業を選定します。

定量・定性調査を海外市場の実態に合った形で設計

上記で選定した企業について事業規模、コスト構造、組織体制、販売戦略、マーケティング戦略、ブランディングなどについて調査項目を作成します。

調査の実施・分析

調査結果を分析し、ベンチマーク企業がどのような戦略で優位性を築いているかを把握します。

貴社の事業戦略の構築

ディスカッションなどを交えて、市場の中で貴社がどのポジションで優位性を築くかを検討し、それを戦略に落とし込んでいきます。

  • 必要期間:3~6ヶ月程度

競争優位性の分析支援プロジェクト実績

BtoB

  • エネルギー事業に関する戦略検討ベンチマーク
  • 中国におけるサーバベンダーの製品競争力分析

など

BtoC

  • 口腔ケア・メンズケア製品の競合実態調査
  • フィリピンにおける腕時計のポジショニング調査

など

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

弊社世界各地を飛び回っているコンサルタントと一緒に、まずは「考える」ところから進めてみませんか?
共に組み立てていきましょう。

お電話は03-6435-6963