オーガニックフードの海外進出方法と海外輸出取り組み事例紹介!

世界でオーガニックフードの需要が高まっており、2029年の世界市場規模は47.6兆円に拡大する見込みです。日本企業にとっては、世界市場が拡大している今こそ世界進出のチャンスといえます。

そこで本記事ではオーガニックフードの海外展開方法と、日本企業の海外輸出の取り組み事例を紹介します。

オーガニックフードの世界市場規模

農林水産省の調べによると、世界の有機食品売上の推移は以下のとおりです。※有機食品とは農薬や化学肥料を使わずに、自然の恵みを利用した栽培方法で作られた食品で、オーガニックフードと同じ意味です。

出典:農林水産省「有機食品市場 世界の状況

上の表より、オーガニックフードの世界市場規模が年々拡大しているとわかります。2022年は1,574億ドル(約20.4兆円)に達し、2029年には倍以上の3,666億ドル(約47.6兆円)にまで拡大すると見込まれています。※1ドル=130円で換算

また同調査によると、2018年時点の世界各国の有機食品売上額は以下のグラフです。

出典:農林水産省「有機食品市場 世界の状況

アメリカの売上は5兆円、ドイツ・フランスは1兆円を突破しています。日本は中国に次いでアジア2位ですが、世界でみると13番目の市場規模です。

日本は1,816億円であることから、アメリカだけをみても日本の28倍もの市場規模があります。今後、ますます海外の市場規模の拡大が予想されていることから、日本企業にとってオーガニックフードの海外市場は、チャンスの多い分野といえます。

日本のオーガニックフードの輸出動向

近年、世界市場規模の拡大を背景に、日本のオーガニックフードの輸出量が増えています。

出典:農林水産省「有機食品の輸出拡大に向けた各地の取組事例集

また2018年の主な輸出品目は以下のとおりです。

品目輸出数量
しょうゆ1,109トン
754トン
こんにゃく99トン
味噌84トン
梅加工品48トン

出典:農林水産省「有機食品の輸出拡大に向けた各地の取組事例集

このように、有機しょうゆや有機茶の輸出量が多く、日本らしいオーガニックフードの需要が高いことがわかります。

オーガニック先進国

海外へ進出する際は、どの国をターゲットにするかが重要なポイントです。検討の際の参考として、ここではオーガニックフード先進国の5カ国を紹介します。

・デンマーク

デンマークは世界トップクラスのオーガニックフード大国です。2021年のオーガニックフードの売上高は3,700億円に達し、市場シェアの13%を占めるほどです。また、2022年にはイェール大学のEPI(環境パフォーマンス指数)で1位に選ばれるなど、高い評価を得ています。

・ドイツ

ドイツは「オーガニック発祥の地」といわれるほど、古くからオーガニックフードと関わってきました。1920年代からオーガニックが注目され、現在では全国にオーガニック専門スーパーが700軒以上あります。

・アメリカ

アメリカは約5兆円という世界最大のオーガニック市場を有しています。

・オーストラリア

オーストラリアは、世界のどの基準よりもオーガニック認定が厳しいことで有名です。例えば、「95%以上が認定された原料を使っていること」や「残り5%は基準を満たす天然由来成分であること」などがあります。

・フランス

フランスでは、1980年に有機製品に関する法律が制定されました。1985年にはオーガニック認証を取得した商品にABマークをつけています。なおフランスではオーガニック製品のことをBIO(ビオ)と呼び、ABはフランス語の「Agriculture biologique(有機農業)」の略です。

海外へオーガニックフードを輸出する方法

日本から海外へオーガニックフードを輸出するハードルが高いのは、国や地域によりオーガニック認証の基準が異なるためです。

日本国内で「有機」や「オーガニック」と表示するには、有機JAS規格に適合しているか認証を受けなければなりません。同様に、海外でも「有機」や「オーガニック」と表示するには、その国・地域の有機規格の認証が必要です。

これらの問題を解消して輸出するには、以下の2つの方法があります。

①同等性を利用して輸出する

②海外認証を取得して輸出する

それぞれの方法について詳しく解説します。

①同等性を利用して輸出する

1つ目は、有機食品の同等性を利用する方法です。

有機食品の同等性とは、自国と他国の有機認証の認証体制に「同等性」が認められれば、それぞれの有機認証を同等のものと扱えることです。つまり、同等性が認められている国・地域へ輸出するのであれば、日本の有機JAS規格を認証すると「有機」と表示したオーガニックフードを輸出できます。

具体的に同等性が認められている国は以下のとおりです。

・有機農産物、有機畜産物および有機加工食品

アメリカ、オーストラリア、カナダ、スイス

・有機農産物および有機農産物加工食品

アルゼンチン、イギリス、ニュージーランド、EU、台湾

②海外認証を取得して輸出する

有機同等性が認められていない国・地域への輸出については、該当する国・地域の認証を取得する必要があります。

つまり、同等性が認められていない国・地域へ出展する際は、認証取得のための手続きや費用が発生するので注意が必要です。

オーガニックフードの海外進出の取り組み事例

この章では、オーガニックフードを海外へ輸出している日本企業の取り組み事例を紹介します。

①有限会社丸新柴本製茶(日本茶) 

出典:有限会社丸新柴本製茶

有限会社丸新柴本製茶は、創業1912年でお茶を栽培している企業です。日本茶専門のECサイト「CHANOBA」を運営するなど、幅広く活躍しています。

その有限会社丸新柴本製茶がオーストラリアにて調査を行った結果、オーガニックの緑茶・抹茶の需要が見込めました。そこでオーストラリアへの輸出に向けて、国内で有機JAS規格を取得しました。現在は現地企業との商談が進行中です。

②株式会社和田萬(ゆず七味)

出典:株式会社和田萬

株式会社和田萬は、2011年からごまペーストを海外に向けて販売しています。ごまペーストは差別化のために、有機JAS認証だけではなく、EUやアメリカの認証も取得しているのが特徴です。

また海外の要望調査において、有機の七味に興味があるとわかったので、新たな取り組みとして有機JAS認定を取得した「ゆず七味」を開発しています。「ゆず七味」はマレーシアの展示会に出展するなど、東南アジアを中心に商談を進めています。

これらの取り組みにより、2021年の輸出額は1.2億円を達成しました。

③光食品株式会社(有機ジンジャーHOTソースなど)

出典:光食品株式会社

光食品株式会社は、原料や無添加にこだわったオーガニックフードを作っている企業です。代表的な製品に、有機ジンジャーHOTソースや有機ゆずジャムなどがあります。

海外進出においては、イギリスやオーストラリア、シンガポールなどに輸出した実績があります。このように多くの地域への進出を果たした要因は、ニーズにマッチした商品を作っているためです。

具体的には、輸出向けの商談会や現地のバイヤーから得られた要望・意見を商品作りに反映しています。

まとめ

オーガニックフードの世界市場規模は今後も拡大する見込みです。日本企業においては、オーガニックフードで海外進出をするのも1つのアイデアといえるでしょう。

今後、海外進出を検討されている企業様は、ぜひ一度プルーヴ株式会社にご相談ください。

海外進出および展開はどのように取り組めば良い?
とお悩みの担当者様へ

海外進出および展開を検討する際に、
①どんな情報からまず集めればよいか分からない。
②どんな観点で進出検討国の現場を見ればよいか分からない。
③海外進出後の決定を分ける、「細かな要素」は何かを知りたい。

このような悩みをお持ちの方々に、プロジェクト時には必ず現地視察を行う、弊社PROVE社員が現地訪問した際に、どんな観点で海外現地を視察しているのかをお伝えさせていただきます。