ベンチマーク

MindSpere on AWS

激戦化するIoTプラットフォーム市場。SIEMENS MindSpere(独)vs GE Predix(米)vs日立 Lumada(日)

「IoTプラットフォームの企業やサービス」と聞いてどのような名前を思い浮かべますか? 下記の相関図で赤枠で囲まれている「エコシステムを持つユーザー系ベンダー」の製品については、現在、シーメンス、GE、日立の競争が激化して […]

ユニクロフランス

SPAからD2CかグローバルSPAのどちらかへ。流通構造が大きく変化するアパレル業界。海外でも成功するユニクロの秘訣

「服が売れない時代」に突入したと言われるようになり不況が続くアパレル業界。1991年から2013年の間に、市場は15.3兆円から10.5兆円まで縮小しました。 かつては「作れば売れる」と言われた百貨店系のアパレルブランド […]

海外では成長産業の半導体マーケット。加速するM&Aと日本はなぜ衰退したのか。

言うまでもなく、半導体はあらゆるコンピュータの中核部品で、スマートフォン、クラウドを構成するサーバ群、ソフトウェアが重要となった最新の戦闘機に至るまで使用されています。 しかし、半導体は「最新」であることが最も重要で、最 […]

台湾

コロナ・米中貿易摩擦で特需の台湾ITマーケット産業、HUAWEI(ファーウェイ)問題

新型コロナウイルスの感染拡大によって在宅勤務や自粛の流れを受け、世界経済は動乱の時代に突入しました。当初から中国を痛烈批判していたトランプ大統領がコロナウイルスに罹患したことも、ますます米中貿易摩擦を激化させると言う専門 […]

競合

競合調査の重要性。自社を知るには競合との比較が重要だ

海外でビジネスをする場合、国の産業の動向を知って競合調査をすることは極めて重要です。 基本的には、国内のマーケティングや競合分析の手法と同じですが、海外の場合はさらに「国の選定」、「パートナーの選定」、「法規制」も考慮に […]

Tiktok

TikTokの買収劇。なぜTiktokは政治家から嫌われ、Microsoftをはじめとする各社はTiktokを手に入れたかったのか

コロナウイルス感染拡大が起こり、混乱が深まる世界情勢。中国はリーダーの地位を固めようとし、香港への統制強化、インドへの小競り合いなど、各地で摩擦を引き起こしています。 習政権は中国流のグローバリズムを推進したい意向ですが […]

LG

韓国系家電メーカーLGの競争力の源、白物家電領域の高い営業利益の秘密

2019年度の家電量販店業界は上場11社中10社が増収と好調な結果となり、今年もこの流れがそのまま続くと期待されていました。そんな矢先に、コロナウイルスの感染拡大が発生しました。しかし、自粛ムードにも関わらず、政府による […]

伊勢丹バンコク

日系百貨店各社のASEAN展開状況と狙い(成功する高島屋・AEONと苦戦する伊勢丹)

新型コロナウイルスの影響で営業時間短縮、臨時休業、訪日外国人客の入国制限などにより、全国で売り上げが急減。 回復を見通せない状況が続いています。 今年に入って全国の13以上の百貨店が閉店しました。 特に閉店の多かった地方 […]

塗料

日本ペイントの海外企業への売却の狙いと成長モデル、塗料業界の市場規模、海外売却企業の事例

国内塗料最大手の日本ペイントはシンガポールのウットラムと長年ビジネスパートナーとして連携してきました。 しかし、今回ウットラムは日本ペイントの第三者割当増資を引き受け、日本ペイントへの出資比率を39.6%から58.7%に […]

銀行・金融サービスの規制緩和と推進されるDX、シンガポールのDBS銀行の成功事例の紹介

『日曜劇場 半沢直樹』が7年ぶりに、放送され、変わらない人気ぶりを見せました。それに伴い「銀行」や「金融業界」への興味を持つ方も増えているようです。 銀行は、低金利による利ザヤの縮小などが続き、厳しい経営環境に置かれてい […]

海外事業戦略
無料相談会を開催中!

各業界に実績のあるコンサルタントが以下のようなテーマにお応えする無料相談会(初回は無償)を毎週開催しています。

  • 海外事業に関する市場実態把握と進出国の選定およびコンサルティング
  • 各国の代理店リストアップとパートナー選定および現地商談
  • 特定複数か国での競合との差別化戦略、マーケティング戦略のコンサルティング
  • 流通実態(現地視察、家庭訪問)、小売店での価格調査 etc

是非、海外事業戦略策定にお悩みの方はお気軽にお申し込みください。

申し込む

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

弊社世界各地を飛び回っているコンサルタントと一緒に、まずは「考える」ところから進めてみませんか?
共に組み立てていきましょう。