業界構造

カンボジアイオン

AEONの経営戦略。小売業界のM&Aから海外事業まで

カンボジア国民の平均年齢は24歳と、高齢化が進む日本よりも平均年齢は20歳以上若く、消費意欲が旺盛です。 そんな経済発展が著しいカンボジアに2018年5月、「イオンモール セン ソック シティ」がオープンしました。 カン […]

TESRA

EV自動車の業界構造。北米マーケット・テスラ社の動向も併せて紹介

2019年、ハイブリッドを含めた世界の電気自動車の売り上げは、世界で220万9831台。 2019年の全ての自動車の販売台数は1,074万2,122台でほぼ20%を占めます。   そして、昨年2020年から今年 […]

「日本食レストラン=ラーメン屋」にまでなりつつある海外ラーメン市場。一風堂の戦略とインスタントラーメン市場も紹介

総務省統計局の「経済センサス ― 活動調査」によると、2012年時点の日本国内で営業するラーメン店は1万9264店に上り約5560億円と発表されています。日本のラーメン市場は大きいですが、出店ラッシュによって各地のラーメ […]

日本と海外の寝具市場の違いと各社メーカー動向。西川 vs Serta vs ニトリ

日本では高度成長期以降、ライフスタイルが大きく西洋化し、フローリングなど洋室の内装を施した住宅が多くなりました。 それに伴って、寝具の需要の主流も布団からベッドへと変わっていきました。   経済産業省の「工業統 […]

吉野氏

リチウムイオン電池の業界構造(車載用・民生用)とメーカー各社(中・韓・日)の動向をわかりやすく解説

2019年にノーベル化学賞受賞が決まった「リチウムイオン電池」は1985年に吉野彰氏らによって開発され、1991年に旭化成とソニーで商品化されました。 その後ノートパソコンや携帯電話に次々と搭載されていき、今や私たちの生 […]

自動車メーカー各社

日系自動車メーカーの海外事業動向と展開の歴史。トヨタ、ホンダ、日産、スズキ

海外における日本車は、60年代までは全く知られていませんでした。 しかし、1970年代に起こったオイルショックによって日本車のニーズは急変し、今や世界的な評価を受けています。「日本車は壊れない」というブランドを築いた日本 […]

w640

国際物流の考え方。フォワーダー・通関業者・3PLとは。物流DXの紹介

ネット通販は、PCやスマートフォンで購入ボタンをクリックするだけで、いつでもどこでも買い物ができ、買ったものが自宅に配達される便利なシステムです。今やECなしに私達の生活は成り立たないほど浸透しています。 このように新型 […]

電力

世界(EU・北米・日本・ASEAN)の電力事情。発電・送電・小売の自由化とスマートグリッド

電力自由化とは、地域独占などの規制を緩和し既存の電力会社以外の参入を促進して、企業や個人の選択肢を増やすための改革のことです。 日本では2016年4月から電気の小売業への参入が全面自由化され、私達は自由に電力会社や料金メ […]

世界における水問題とSDGs。世界市場規模 約100兆円の水ビジネスにまつわる事業プレイヤーと日本企業の立ち位置

ASEAN諸国を旅行したことがある方ならご存知と思いますが、川の水はまだどこもきれいと言うにはほど遠いのが実情です。インフラ整備が整わないのは、地下水や河川の水質が悪くなればなるほど上水を作るための手間や費用かさんでくる […]

高層ビル

7.5兆円のスマートビルディング・エレベータ市場。海外ブランド VS 三菱電機・日立・東芝・フジテック

世界のエレベーター、エスカレーターの市場規模は、2020年から2024年の間で750億米ドル(7.5兆円)にまで成長し、市場はスマートエレベーターの需要と、スマートシティへの投資増加により推進されています。 ここではスマ […]

                   

公式LINEアカウントにて
お問合せ対応・海外マーケット情報
発信中

友だち追加                

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

弊社世界各地を飛び回っているコンサルタントと一緒に、まずは「考える」ところから進めてみませんか?
共に組み立てていきましょう。