M&A

日立製作所

日立のグローバル事業再編。Lumadaを軸にした製造業×IT×ダイバーシティで世界最強のデジタル会社への転換なるか

過去、世界でトップを走っていた日本の家電産業は、現在その座を中国、韓国などに奪われつつあります。それに伴い日本の家電業界は低迷、現在各社で事業再編が加速しています。 このような状況の中、家電事業も含め日本で唯一のコングロ […]

武田薬品工業

武田薬品工業のM&A戦略。脱日本・グローバル多国籍企業へ

武田薬品工業は3月10日、米マーベリック・セラピューティクスに対する買収を発表しました。買収金額は、治療薬の開発段階に応じて払う分も含め、5億2500万ドル(日本円にして最大570億円)と言われています。   […]

カンボジアイオン

AEONの経営戦略。小売業界のM&Aから海外事業まで

カンボジア国民の平均年齢は24歳と、高齢化が進む日本よりも平均年齢は20歳以上若く、消費意欲が旺盛です。 そんな経済発展が著しいカンボジアに2018年5月、「イオンモール セン ソック シティ」がオープンしました。 カン […]

円高

円高・円安のメリット・デメリットをわかりやすく解説。円高は海外事業においてどう影響するか

はじめに 2021年2月5日から7日まで、円相場は連続で下落しました。 円安の背景にあるのが米長期金利の上昇で、バイデン政権による巨額の財政出動により米国の景気が回復し、米国債の需給が緩むという見方が強まっているためです […]

fujifil,

日系医療機器メーカー最大手のポジションを狙う富士フイルムの経営戦略。コアコンピタンスを活かした事業転換の成功の秘訣

2000年頃から、世界のフィルム業界ではデジタル化の波が襲いかかりました。この波に対抗できず、デジタルカメラ世界最大手のコダックは2012年に経営破綻しました。 「トヨタ自動車は主力商品である車がなくなったらどうするのか […]

調味料メーカー各社のグローバル戦略(キッコーマン、ミツカン、味の素、キユーピー、マルコメ)

海外で日本食ブームが起こり、寿司や天ぷらは人気の日本食メニューとなっています。 これらの日本食に欠かせないのが醤油です。醤油の製造販売で最大手のキッコーマンの商品は、現在海外約100カ国で展開されています。 海外マーケテ […]

ニトリ vs DCM。島忠をめぐる家具・インテリア業界M&A争奪戦と外資系企業IKEAとの戦い

ホームセンターを展開する業界大手のDCMは、10月2日に島忠に対しTOBを行う意志を示し、島忠もこれに賛同しました。10月5日から買い付けが進められていましたが、10月29日、ニトリがDCMを3割上回る1株5500円で島 […]

MindSpere on AWS

激戦化するIoTプラットフォーム市場。SIEMENS MindSpere(独)vs GE Predix(米)vs日立 Lumada(日)

「IoTプラットフォームの企業やサービス」と聞いてどのような名前を思い浮かべますか? 下記の相関図で赤枠で囲まれている「エコシステムを持つユーザー系ベンダー」の製品については、現在、シーメンス、GE、日立の競争が激化して […]

海外では成長産業の半導体マーケット。加速するM&Aと日本はなぜ衰退したのか。

言うまでもなく、半導体はあらゆるコンピュータの中核部品で、スマートフォン、クラウドを構成するサーバ群、ソフトウェアが重要となった最新の戦闘機に至るまで使用されています。 しかし、半導体は「最新」であることが最も重要で、最 […]

台湾

コロナ・米中貿易摩擦で特需の台湾IT・半導体デバイスマーケット産業、HUAWEI(ファーウェイ)問題

新型コロナウイルスの感染拡大によって在宅勤務や自粛の流れを受け、世界経済は動乱の時代に突入しました。当初から中国を痛烈批判していたトランプ大統領がコロナウイルスに罹患したことも、ますます米中貿易摩擦を激化させると言う専門 […]

                   

公式LINEアカウントにて
お問合せ対応・海外マーケット情報
発信中

友だち追加                

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

弊社世界各地を飛び回っているコンサルタントと一緒に、まずは「考える」ところから進めてみませんか?
共に組み立てていきましょう。