中国

米中日

安全保障が今後の海外事業のキーワード。中国をどう考えていくか

日本がデフレに入ってから一体何年になるのでしょうか? このデフレにおいて、諸外国とは異なり物価は上がらず、給与水準も上がらないまま何十年も過ぎてしまいました。 政府は赤字国債の発行が膨れ上がり、公共投資を控えているため、 […]

海外中古車

世界の中古車マーケットと市場規模・流通量。日本・中国・米国・欧州・ASEANまで広く紹介

日本は世界でも有数の自動車生産国です。 新車販売のみではなく、それに合わせて中古車市場も大変活気があります。 世界でも日本と同じように新車で購入した自動車を販売して、中古自動車として購入したり、海外の中古車を輸入したりと […]

AlibabaGroup

アリババ(Alibaba 阿里巴巴)の経営戦略。時価総額約70兆円の中国最大のデジタルプラットフォーム。Tmall(天猫)からAlipay(支付宝)まで

アリババ(以下、アリババグループ)という名称はご存知でも、その実態について把握している人は少なくありません。しかしアリババは、今後GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)と並ぶ企業になるのは間 […]

少子化が進む各国(日本・米国・中国・タイ)の状況と対策。少子化とGDPの関係についての考察

日本にとって少子高齢化社会への対策は喫緊の課題となっていますが、特に少子化問題は深刻です。少子化問題は日本だけに限らず、先進国では共通の課題になりつつあります。では、各国は少子化問題にどのように向き合っているのでしょうか […]

習近平

中国軍事費過去最大約22兆6000億円。米中対立と欧州のスタンス。2027年に米中GDP逆転の可能性

習近平国家主席は、昨年「軍創設100年」をうたい、2027年を対アメリカ向け戦力強化と位置づけ、戦闘力を高めていると言われており、国防という名の元に、中国は軍備を拡大し続けています。 中国国務院(政府)の3月5日の発表で […]

香港中国

香港の歴史と中国本土との関係。2020年の混乱をわかりやすく解説

1842年、中国の清朝はアヘン戦争に敗北し、香港はイギリスの植民地になりました。それ以来香港では行政のリーダーを選挙で選ぶことはできませんでした。1997年の香港の中国への返還に先立って、1984年、中英共同声明が調印さ […]

カンボジアイオン

AEONの経営戦略。小売業界のM&Aから海外事業まで

カンボジア国民の平均年齢は24歳と、高齢化が進む日本よりも平均年齢は20歳以上若く、消費意欲が旺盛です。 そんな経済発展が著しいカンボジアに2018年5月、「イオンモール セン ソック シティ」がオープンしました。 カン […]

SDGs3

海外の健康食品事情。増え続ける糖尿病人口とニーズが高くなるサプリメント市場

2019年11月14日の世界糖尿病デーに、国際糖尿病連合は世界の糖尿病に関する最新の調査「IDF 糖尿病アトラス 第9版」を発表しました。世界の糖尿病人口は爆発的に増加し続けており、2019年時点の糖尿病有病者数は4億6 […]

世界で活躍する女性起業家と日本企業の今後の課題

日本の女性実業家として最も知名度が高いと言われるIT大手DeNAの南場智子氏が、2021年3月8日、経団連の副会長に内定したと発表されました。経団連の副会長に女性が就任するのは初めてのことで、森喜朗元オリンピック会長の女 […]

米中

コロナ禍1年目2020年の米中GDP分析・総括と今後の行方。中国GDPが世界首位になる可能性の考察

下記は2011年時点の世界GDPランキング上位に入った国のGDP推移を示したグラフです。 長年アメリカが覇権国家としてGDP首位を守り抜いてきましたが、2030年頃には2位の中国がアメリカを抜くと言われています。 htt […]

                   

公式LINEアカウントにて
お問合せ対応・海外マーケット情報
発信中

友だち追加                

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

弊社世界各地を飛び回っているコンサルタントと一緒に、まずは「考える」ところから進めてみませんか?
共に組み立てていきましょう。