タイでのビジネスに求められるローカルフィットの重要性とその理由

2018年の一人当たり名目GDPが6992ドルと成長著しい国であるタイ。これまでも日本からは製造業を中心に企業の進出があり、依然として注目すべき国の一つです。
今回は、そんなタイで感じたローカルフィットの重要性とその理由について紹介します。

タイへの進出企業の変遷とこれから

タイへ進出する日本企業は、かつては製造業が中心でした。そして現在は、すでに進出している日系企業のITインフラをサポートするためにIT企業が進出するというケースが多く見られます。現在タイの製造業はIoT化が進んでおり、またタイの各都市は近年スマートシティ化に力を入れていることから、今後はフィンテックやサイバーセキュリティの分野での需要がより一層高まると考えられます。

これからのタイへの進出に求められる「ローカルフィット」

このように、今までにタイへ進出した企業は、日系企業を対象にした事業を行なっているケースが圧倒的多数でした。そのため日系企業を対象とするビジネスはやり尽くしてしまったという印象が強く、今後のビジネスチャンスを考えると、タイのローカル企業と取引をしていく必要に迫られるでしょう。

 
それでは、果たして日系企業はタイの現地企業にローカルフィットできているかというと、まだまだという印象を強く受けます。

 
そこでまずは、なぜタイのローカル企業とビジネスをする際にローカルフィットが求められるのかをお伝えします。

タイでのビジネスでローカルフィットが求められる理由

礼儀正しさが求められる文化

タイは仏教から発生した礼儀作法を持つ国であり、礼儀正しい振る舞いが好まれます。また、タイ語は5段階に別れた敬語を使い分ける言語であり、敬語のレベルを間違うと敬意を示さなかったと捉えられるそうです。そのため、ビジネスの場でも相手やシチュエーションに応じた細やかな対応が求められます。

言語の壁

タイでのビジネスシーンでは、最低限英語で、可能であればタイ語で話すことが求められます。社長やCEOクラスはエリート層なので英語を話せる人も多いのですが、英語を話し理解するのは大変なので内心英語は嫌だと思っているビジネスパーソンが少なくありません。なので、英語は通じないわけではありませんが、タイ語の方が圧倒的に好まれます

 
このように、ローカルフィットが必要な理由を見てみると、タイの敬語や言語の壁といった点は日本と共通点があるように感じます。

プルーヴが体感したローカルフィットの重要性

タイを訪れた際にこんなことがありました。現地では日本人の担当者が英語でローカル企業に対して複数回ブレゼンを行なったのですが、あまりうまく進みません。

 
そこで、現地で人材を雇ってOJTを行い、タイ語によるプレゼンを行なったところうまくいったというケースがいくつかありました。これからは、タイのローカル企業にアタックをする際には、現地の人材をリクルートし、育成・教育していきながらプレゼンや商談をすることが求められるのではないでしょうか。

 
そして、ビジネスが進んでいくと社長やCEOなどローカル企業のトップが出てくるということもあるでしょう。そうなった場合、トップも含めたローカルの人材に現地でのビジネスを任せられるかの重要なポイントです。

 
もちろん、現地のビジネスをローカルの人材に任せてうまく行くのかという不安もあるでしょう。そこで、そんな場合に備えて以下の2つの方法を提案します。1つはローカルの人材に一旦日本に異動してもらい、OJTを経てタイに戻ってもらう方法です。もう1つはローカル企業を買収して買収先の社長はローカル人材のままにし、不安であれば副社長・相談役に日本人の人材が就任するという方法です。

 
後者の方法をとる場合に注意すべきは、ローカル企業の買収後に日本人を社長にしてしまわないことです。そうしてしまうとどうしても軋轢が生じてしまい、最終的に撤退してしまったというケースをこれまで数多く見てきました。

 
ビジネスのためとはいえ、海外の商習慣や事情を理解し、それにフィットさせることは大変な時間やコストを要します。プルーヴは豊富な海外での調査経験から、海外のローカル企業とのビジネスにおいて、商習慣をや事情を理解した上で事前調査から実際の事業構想・実行までサポートいたします。海外進出をお考えの担当者の方は、ぜひご相談ください。

海外進出および展開はどのように取り組めば良い?
とお悩みの担当者様へ

海外進出および展開を検討する際に、
①どんな情報からまず集めればよいか分からない。
②どんな観点で進出検討国の現場を見ればよいか分からない。
③海外進出後の決定を分ける、「細かな要素」は何かを知りたい。

このような悩みをお持ちの方々に、プロジェクト時には必ず現地視察を行う、弊社PROVE社員が現地訪問した際に、どんな観点で海外現地を視察しているのかをお伝えさせていただきます。

> 海外進出の進め方 > 日本企業が陥りがちな罠

海外事業戦略
無料相談会を開催中!

各業界に実績のあるコンサルタントが以下のようなテーマにお応えする無料相談会(初回は無償)を毎週開催しています。

  • 海外事業に関する市場実態把握と進出国の選定およびコンサルティング
  • 各国の代理店リストアップとパートナー選定および現地商談
  • 特定複数か国での競合との差別化戦略、マーケティング戦略のコンサルティング
  • 流通実態(現地視察、家庭訪問)、小売店での価格調査 etc

是非、海外事業戦略策定にお悩みの方はお気軽にお申し込みください。

申し込む

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

弊社世界各地を飛び回っているコンサルタントと一緒に、まずは「考える」ところから進めてみませんか?
共に組み立てていきましょう。