インドネシアで感じた日本との「スタンダード」の違いとそこに潜む罠

今回は、インドネシアで感じた日本と世界の「スタンダード」という感覚の差と、その感覚の中に潜む罠についてお伝えします。

グローバルスタンダードとのズレ

今ではインドネシアでも日本で馴染みのある食品やお菓子などを食べることができます。
ただ、実はそういった食品やお菓子は日本で販売されているものと成分が異なり、味も若干ではあるものの異なることをご存じでしょうか。

 
現地の方に理由を聞くと、小売店へ届けるまでに、冷蔵車での配達が行き届いていないためにインドネシアの温暖な気候で溶けてしまったり、きちんとパッケージされたまま届かなかったりと、日本と同じままでは保存や管理に問題が生じてしまうとのことでした。

 
もちろんそのような状況があるとわかれば、その環境に合わせてカスタマイズすることは当たり前のことかもしれません。ただし、重要なことはインドネシアのような環境のほうがグローバル(世界の国々)においては一般的であるということです。

 
つまり、日本におけるスタンダードと、世界(他の国)におけるスタンダードにはズレがあることを認識する必要があります。

 

「日本」という特殊な環境

そのズレの大きな理由に、日本という特殊な環境があります。

 
日本では、物流業者による丁寧な品物の取り扱いや正確な配送時間は、当たり前のサービスのように考えられています。
私たちはこういった現状を常識(スタンダード)だと思っているために、まさか自分たちが特殊な環境にいると思うことは難しいでしょう。

 
それゆえにこういった常識を前提として海外進出できると考えてしまうと、そこに大きなズレがでてきてしまいます。
日本国内で展開する上ではネックにならないことが、いざ海外に持っていくとたくさんネックとなって海外事業の成功を妨げる要因になるのです。

 
まさに日本にいるからこそ気づけない、日本という特殊な環境の中に潜む罠です。

 

グローバルスタンダードの感覚を持つには

では、どうすれば事前にこういったネックや罠に気づけるようになるのでしょうか。

 
確実なのは、出来る限り海外に視察や調査に行き、罠に気づける感覚を養うことだと思います。ただ、現実問題として頻繁に海外に行くのが難しい現実もあるでしょう。
そういった際は、グローバルスタンダードの感覚を持っている人から「素直」に話を聞くことをおすすめします。「素直」と書いたのはどうしても日本での常識・経験に当てはめてしまうと信じられないような話もあるからです。まさかと思うような話でも一旦は受け入れる事が必要です。

 
グローバルスタンダードで考えたときに罠になりうることを体験している人々であれば、事前に想定される罠に気づくことができます。
それは今回のようなケースに限らず、こちらのページ(https://www.provej.jp/trap/)に記載している日本企業が陥りがちな罠を回避することにもつながります。

 
プルーヴのコンサルタントは、頻繁に世界各国を飛び回っており市場環境・進出事例・行政実態に精通しているグローバルスタンダードの感覚を持ったメンバーだと考えています。
ぜひ、一度相談ください。

海外進出および展開はどのように取り組めば良い?
とお悩みの担当者様へ

海外進出および展開を検討する際に、
①どんな情報からまず集めればよいか分からない。
②どんな観点で進出検討国の現場を見ればよいか分からない。
③海外進出後の決定を分ける、「細かな要素」は何かを知りたい。

このような悩みをお持ちの方々に、プロジェクト時には必ず現地視察を行う、弊社PROVE社員が現地訪問した際に、どんな観点で海外現地を視察しているのかをお伝えさせていただきます。

> 海外事業進出の進め方 > 日本企業が陥りがちな罠

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

弊社世界各地を飛び回っているコンサルタントと一緒に、まずは「考える」ところから進めてみませんか?
共に組み立てていきましょう。