ベトナム・タイの飲食業 海外進出の命運を分ける現地リサーチ

こんにちは。
プルーヴでコンサルタントをしております、Oと申します。

主に飲食業の海外進出に関わるコンサルティング業務を担当しております。私自身、前職で飲食店の経営に関わっていましたので、経営者の視点、そしてコンサルタントの視点、双方から日系飲食業の海外進出をお手伝いできればと考えております。

 

今回は、タイ・ベトナムに滞在し、現地パートナーからの情報収集と現地視察を行いました。

質より安さを重視

タイ料理
ベトナム料理

タイやベトナムにも、美味しい食べ物は沢山ありますが、日本と決定的に違うのは、食材の選び方と調理へのこだわりです。日本の飲食店は、全国から仕入れた季節で1番おいしい食材を選び、食材を最大限生かす為に手間暇を惜しまず、調理します。その他に様々なルートから料理のトレンドや、お客様のニーズを入手し、いかに美味しく、お客様の求めている商品を提供できるかを、日々、研究しています。

 

一方、タイやベトナムは、上質なものを追求するというよりは、安く・早く提供して、いかに儲けるかが勝負です。もちろん一般的には顧客も、安いほうが良いと判断します。一概には言えませんが、質より安さを重視する傾向は、食だけに限らないと感じます。

 

国民の志向が違う土俵に、日本と同じやり方で進出しても上手くいくはずがありません。では、海外出店を成功させるには、どうしたらよいのでしょう。

 

タイにもベトナムにも、日系飲食チェーンが進出しています。今回、いくつかショッピングモールやフードコートを視察し、日本でもお馴染みの丸亀製麺や、吉野家、回転寿司、すき焼き店などもを目にしましたし、路面店やローカルフード店も回りました。

 

日本食を扱う店舗はほぼ満席で、ジャパンブランドの人気が伺えます。日本にはないオリジナルメニューを提供しているのも印象的でした。

ベトナムのシッピングモールベトナムのショッピングモール
ベトナムに進出した日系飲食店ベトナムに進出した日系飲食店

価格に関しては、客層を中所得者層から高所得者層に絞りながら、適正価格を提示しているように思います。ショッピングモールやフードコートは、日系飲食店が進出しやすい出店先です。しかし、路面店など、他の出店先での成功事例は中々耳にしません。実際、東南アジアでの路面出店は難しいのでしょうか。

現地の目線でニーズを探る

日本での成功事例を、そのまま海外で展開しても、間違いなく上手くいきません。日本で通用した経験や勘は、海外では参考程度にしかならないのです。そこで重要になるのが、現地での直接ヒアリングなどを行うリサーチです。

①出展エリアのリサーチ

出店検討エリアの周辺にはどんな建物があり、何歳くらいの人が(男性か女性か)どれくらい歩いているのか。

②価格と時間帯をリサーチ

出店検討エリアで飲食をする人々は、どのくらいの価格の商品を求めているのか。この場所で何を食べたいのか。利用する時間帯はいつなのか?ビジネスシーンでの利用か、家族との利用なのか。どんなシーンで利用することを求めているのか。

③現地のお客様は本当は何を求めているのか。どんな声が上がっているのか

今回、現地を視察し、現地パートナーとの会話を通じて感じたことは、海外でもしっかりリサーチをして出店先を検討すれば、どんな立地でも勝機はあるということです。現地でお客様の本当の声をどこまで根気強く聞けるのか。お客様の毎日の行動習慣をどれだけ意識して見続けることが出来るのか、そしてリサーチを元にどれだけ思い切って自社の強みを活かした料理を提供し、実際にトライ&エラーを速いスピードで繰り返し続けることが出来るかが、海外進出の命運を大きく左右します。

 

 

日本と変わらないように思われるかもしれませんが、海外進出となると日本の出店時と同等のリサーチをしていないのが現状です。海外のリサーチはもちろん日本でお客様の行動を見るよりはるかに難しいですし、実態が見えにくい傾向があります。
独自に海外マーケットのリサーチをするには限界があります。お客様の声が店舗進出の成功を分ける中で、信頼できる現地パートナーを探すのは、かなりの労力が伴います。

 

もちろん勘に頼って、手探りで海外進出するのは、非常に危険です。
しかし入念にリサーチをし、確信をもって毎日の営業を積み重ねれば、必ず売上に繋がります。

ベトナムのランチタイムの様子
ベトナムのランチタイムの様子
タイの露店の様子
タイの露店の様子

プルーヴは、独自の現地ネットワークを持ち、言語の壁を越えて、現地に入り込んだリサーチが可能です。

 

私自身、過去に飲食店の経営に関わっていましたので、経営の大変さを理解しているつもりです。重要なのはパソコンでのリサーチや現場で働いていないにも関わらず、示唆を提供するコンサルタントではなく、現地のお客様の声が目の前で召し上がっている料理であり、お客様の声であることを痛感しています。

 

一般的にITやコンサル業界など収益率がより低いと言われている、飲食業界において、リサーチなどの初期投資を、どう回収するか見極める必要があります。しかし最も重要なことはお店が、事前にリスクを軽減し、成功することです。海外進出を検討されていらっしゃいましたら、まずはお話をお聞かせください。

 

ターゲットに応じた出店エリア選定や、現地の流行りを反映した店舗づくり、現地の文化や志向を考慮したメニュー作成など、さまざまな側面からサポートさせていただきます。飲食店は最初の1店舗目が成功すれば、成功事例を活用することが出来ますし、差別化につながります。日本の食を海外に届けたい皆様の力に少しでもなれればと思います。

海外事業戦略相談会を開催中!

各業界に実績のあるコンサルタントが以下のようなテーマにお応えする個別相談会を毎週開催しています。

  • 海外事業に関する市場実態把握と進出国の選定およびコンサルティング
  • 各国の代理店リストアップとパートナー選定および現地商談
  • 特定複数ヵ国での競合との差別化戦略、マーケティング戦略のコンサルティング
  • 流通実態(現地視察、家庭訪問)、小売店での価格調査 etc

是非、海外事業戦略策定にお悩みの方はお気軽にお申込みください。

日程 毎週火曜(業界:化粧品、日用品、医薬・食料品など)
毎週水曜(業界:サービス業、外食関連、IT、物流など)
毎週木曜(業界:エレクトロニクス、産業機械、プラント、住宅関連など )
時間 ①13:00~、②15:00〜、③17:00~
開催場所 プルーヴ社7F MTGスペース
住所 東京都港区新橋5-23-7 三栄ビル7F

海外事業戦略相談会の申込みフォームへ

ご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

弊社世界各地を飛び回っているコンサルタントと一緒に、まずは「考える」ところから進めてみませんか?共に組み立てていきましょう。